廃車による税金の還付金

   

還付金とは税金を納めすぎた時や免税の処置があるもので、毎年払う税金や購入時、車検の時に払った税金を返還してくれるもののことです。車には、自動車税と自動車重量税という税金がかかります。それだけでなく、保険関係の還付もあります。保険には自賠責保険と任意保険があります。自動車税は4月1日に所有する車に対してかかるものです。4月1日に車を所有していれば自動的に納税義務が生じ支払わなければなりません。その年の途中で車を売却してもいったん払ったものは返ってきませんが、廃車にすれば還付してもらうことができます。廃車日の翌月から翌年の3月まで月割りにした税金が還付されます。廃車手続きを陸運局に出すと1、2ケ月後に還付通知書が送られてきて自動的に還付されます。廃車の手続きには一時的に車を使えなくする一時抹消登録と車を解体してしまう永久抹消登録がありますが、どちらの方法でも還付金は同じです。

自動車重量税の還付

新しく車を購入する時と車検時にのみに課される税金を自動車重量税と言います。車の重量によって金額が変わるのでこの呼び名となっています。新車購入時は3年分を、車検の際には2年分をまとめて納めます。車を廃棄する際の手続きとともに自動車重量税の還付手続きが必要です。しかも永久抹消に限って還付され、解体もリサイクル法により適正な解体がされた時のみ還付が行われます。そのため自動車リサイクル法に定められたリサイクル業社に解体を依頼する必要があります。還付金は納付された自動車重量税を月単位で車検有効期間に配分し、その残った期間分のものが払い戻されます。注意したいのは、エコカー制度などにより自動車重量税の支払いを免除、減額されている場合です。その場合、金額が少なくなりますので注意しましょう。エコカー制度とは排出ガス性能と燃費性能に優れた機種に対して、自動車重量税の減額や免除を行うものです。この他にもノンステップバスなどのバリアフリー車に対するバリアフリー特例や衝突被害軽減ブレーキを搭載したバスやトラックに対するASV特例などでも自動車重量税の軽減措置が行われていますので、よく調べる必要があります。

廃車業者による還付の代行

廃車業者に車を買い取って貰えた場合、廃車業者はこれらの還付の代行をしてくれますが、これらの還付についても買い取り価格を決定して車を引き渡す前に確認する必要があります。還付について知らないで後から気付いて買い取り業者に問い合わせたら、買い取り費用と相殺したなどといわれる場合があるので注意が必要です。また本当に廃車されたかどうかのチェックも必要です。知らない間にどこかに売られて国内で走っていたというようなケースもあります。

ピックアップ記事

廃車の時期と税金

まず自動車税に関しては4月が税の決定の時期で1年分が請求されます。例えば4月中に廃車手続きを完了させた場合でも、5月中旬にはその年分の自動車税納付書が届きます。4月1日をまたいで車を保有していれば納付...

軽自動車の廃車の税金

軽自動車については国内では古くなると中古車の価値が減ってくるため廃車が多いのですが、軽自動車の廃車には2種類の手続きがあります。一つは自動車検査証返納手続きというものです。これは普通自動車の一時抹消と...

廃車による税金の還付金

還付金とは税金を納めすぎた時や免税の処置があるもので、毎年払う税金や購入時、車検の時に払った税金を返還してくれるもののことです。車には、自動車税と自動車重量税という税金がかかります。それだけでなく、保...

ディーラーによる廃車やそれに伴う税金の手続き

廃車しようと思った場合は、どのような手段があるでしょう。まず一つ目の方法として、車を購入したディーラーに相談する方法があります。例えば事故を起こして修理が不可能になった場合、多くの人がディーラーに相談...


メリット