廃車の時期と税金

   

まず自動車税に関しては4月が税の決定の時期で1年分が請求されます。例えば4月中に廃車手続きを完了させた場合でも、5月中旬にはその年分の自動車税納付書が届きます。4月1日をまたいで車を保有していれば納付書が届くときに車が手元になくても、翌年3月までのその年分の納税義務が発生しているためです。決定された税金は必ず払わなければなりません。ですからそのあと車を廃車にしても一度税金を納めて還付を申請する必要があります。軽自動車については税金の還付の制度がありません。ですから手続きの時期は税金に大きく影響します。軽自動車の税金も4月1日中の状態で判断されます。4月1日中に手続きが完了すればその年度である翌年の3月までの分は発生しません。手続きが4月2日にずれ込むとわずか1日の差で1年分の税金を納めなければなりません。したがって3月31日までに手続きを出す必要があるのですが、その時期は同じように考える人が多く、どの業者も混んでしまい他の時期よりも手続きに時間がかかるのが通常です。早めに依頼をしないと遅れて1年分の税金を払わなければならなくなったという話はよく聞きます。申請は軽自動車管理協会へ出すのですが、その時期は窓口が混んで何時間も並んで申請しているというのが当たり前のようです。

還付の申請上の注意

普通自動車の還付の申請はいつでもできます、が廃車を手続きする時期により還付される額が異なります。これについて説明します。まず毎月の末で還付される額が変わります。税金は月毎に均等に案分して払うことになりますから、1ヶ月毎に戻ってくる還付金額が変わってきます。廃車をすると決めても手続きには2週間近くかかるので、その分を見込んで月の前半に手続きを始める必要があります。例えば廃車を買い取ってくれる業者にその時期までに引き渡せば、翌月からの税金が還付されます。少し遅れてそれ以降になった場合は手続きを急いでもらう必要がありますが、間に合うこともあります。

廃車の時期の決定

自動車税は1年分が数万円にもなることもあり意外と高いものです。しかも1年分を5月中に支払う必要があります。還付が行われても手続きから約2ヶ月後に還付されるので、それも考えておかなければなりません。ところで車検の時期と廃車の時期も関係があります。車検前に廃車にすれば車検の費用がかからず得になります。ただし自動車重量税の還付は車検を受けた時からの期間によって変わります。これらを考慮して時期を決める必要があります。

ピックアップ記事

廃車の時期と税金

まず自動車税に関しては4月が税の決定の時期で1年分が請求されます。例えば4月中に廃車手続きを完了させた場合でも、5月中旬にはその年分の自動車税納付書が届きます。4月1日をまたいで車を保有していれば納付...

軽自動車の廃車の税金

軽自動車については国内では古くなると中古車の価値が減ってくるため廃車が多いのですが、軽自動車の廃車には2種類の手続きがあります。一つは自動車検査証返納手続きというものです。これは普通自動車の一時抹消と...

廃車による税金の還付金

還付金とは税金を納めすぎた時や免税の処置があるもので、毎年払う税金や購入時、車検の時に払った税金を返還してくれるもののことです。車には、自動車税と自動車重量税という税金がかかります。それだけでなく、保...

ディーラーによる廃車やそれに伴う税金の手続き

廃車しようと思った場合は、どのような手段があるでしょう。まず一つ目の方法として、車を購入したディーラーに相談する方法があります。例えば事故を起こして修理が不可能になった場合、多くの人がディーラーに相談...


利点