ディーラーによる廃車やそれに伴う税金の手続き

   

廃車しようと思った場合は、どのような手段があるでしょう。まず一つ目の方法として、車を購入したディーラーに相談する方法があります。例えば事故を起こして修理が不可能になった場合、多くの人がディーラーに相談することを検討するでしょう。ディーラーでは故障の内容を診断してもらうことができます。しかし、故障個所を修理するために費用が多くかかる場合には、新車に買い替えて、古い車の方を廃車にするように勧められることがあります。また古い車の買い替えを検討していて古くなった車が中古としての価値がないという時にもディーラーでは多くの場合廃車を勧められます。ディーラーでは廃車手続きの代行を行ってくれるところがあります。その場合、多くの方は手続きをお願いするでしょう。しかし、廃車の手続きは陸運局で行い、個人でも行うことが可能です。ディーラーに任せれば確かに手続きを自分で行わなくてもいいので楽であるように感じます。しかし、多くの場合ディーラーでの廃車手続きの代行は、楽である代わりに費用が掛かります。個人として手続きする際にかかる費用は従来陸運局に一時抹消手続きをする際に掛かる350円の印紙代だけです。しかし、ディーラーに任せると手数料を多くとられてしまうこともあるのです。さらにディーラーは解体業者に車の解体を依頼してくれますが、この費用も掛かります。事故を起こしたときなどはその場所から移動するのにレッカー車の費用もかかります。これらを合わせるとディーラーに払う費用は数万円以上になることもあるのです。
またディーラー下取りや買取をしてもらった場合は、税金に注意が必要です。下取りを行った場合も名義変更であれば、自動車税などの税金はかえってきません。

買い取り業者への依頼

廃車業者に依頼すればこれらの費用はすべて無料になり、しかも見積もった価格で廃車する車を買い取って貰えます。事故を起こした時も全国どこでもレッカー車を手配して無料で引き取りに来てくれます。もし車の損傷が大きすぎたり、動かなかったりして修理が不可能で価値がなく買取り価格が0円となった場合はパーツを外して車体はスクラップとして鉄くずとして売りますが、その場合も業者がやってくれます。専門の業者に持ち込まれる車の多くは解体して売られるものです。部品は全てばらばらにされよく洗浄して売られます。ボディは鉄屑などとして材料として売られます。

廃車買い取り業者の選定

ただ買い取り業者にも2種類あります。自動車解体の許認可を持っている会社と持っていない会社です。持ち込まれる車の多くは販売できず解体により部品や素材を売ってビジネスにするものが多いのですが、解体の認可を持っていないと認可を持っている業者に解体の依頼をしなければならず、その分費用が割高になります。当然買い取り価格にも影響を与えます。こう述べてくるとディーラーとの違いが判ると思います。廃車買い取り業者に依頼する時も注意が必要です。買い取りの契約をして車を引き渡す前に条件をよく確認する必要があります。またディーラーは廃車にかかる費用分、新車の値引きを考えてくれるのでその値引き額と比較する必要があります。手間がかからずこの方がいいという方も多くおられます。

ピックアップ記事

廃車の時期と税金

まず自動車税に関しては4月が税の決定の時期で1年分が請求されます。例えば4月中に廃車手続きを完了させた場合でも、5月中旬にはその年分の自動車税納付書が届きます。4月1日をまたいで車を保有していれば納付...

軽自動車の廃車の税金

軽自動車については国内では古くなると中古車の価値が減ってくるため廃車が多いのですが、軽自動車の廃車には2種類の手続きがあります。一つは自動車検査証返納手続きというものです。これは普通自動車の一時抹消と...

廃車による税金の還付金

還付金とは税金を納めすぎた時や免税の処置があるもので、毎年払う税金や購入時、車検の時に払った税金を返還してくれるもののことです。車には、自動車税と自動車重量税という税金がかかります。それだけでなく、保...

ディーラーによる廃車やそれに伴う税金の手続き

廃車しようと思った場合は、どのような手段があるでしょう。まず一つ目の方法として、車を購入したディーラーに相談する方法があります。例えば事故を起こして修理が不可能になった場合、多くの人がディーラーに相談...


活用法