卸売り問屋は必要

メーカーや生産者と各地域の小売店の間にあるのが卸売り問屋です。
商売ですから、中間マージンを取ります。
消費者としては、メーカーや生産者から直接買う事が出来たら、もっと安く買えるのに、と思いがちですが、卸売り問屋がなければ商品価格は上昇するかもしれないのです。
メーカーや生産者が直接小売店や消費者に販売するとなると、送料が個別に発生します。
受注や個別梱包、問い合わせや発送等、多くの手間がかかり、人手がいる為人件費が膨らんで、商品価格に上乗せしなければならなくなります。
小口注文の為、在庫を抱える事になり売れ残りのリスクもあります。
メーカーや生産者は大口の卸売り問屋があるからこそ、安定した価格で商品を生産出来るのです。
インターネットや店舗で小売を行う卸売り問屋もあります。
小売店より、価格設定が安いのが魅力ですが、購入金額が少ないと送料があって逆に高く付く事もあります。
店舗はきれいに陳列していませんので、優雅なショッピングには不向きです。